従来品の欠点である耐久性を大幅に改善。
通行車両の安全を確保します。

ヨーロッパで開発された埋設型伸縮装置。従来型特殊合材装置に比べ耐久性・伸縮性能が格段に優れています。特にヨーロッパでの耐久性検査(わだち確認)では特殊合材装置100回転に対し30,000回転、日本国内のホイールトラッキング検査でも63,000回転以上という数十倍~百倍の強度が確認されています。

  1. 施工前
    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。入ります。テキストが入ります。
    テキストが入りますテキストが入ります。テキストが入ります。
    テキストが入ります。テキストが入ります。
  2. 施工中
    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
    テキストが入ります。テキストが入ります。
    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
  3. 施工後
    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
    テキストが入ります。テキストが入ります。

特長

1.耐久性
従来型特殊合材装置に比べ伸縮性能が格段に優れています。特に欧州での耐久性検査では特殊合材装置100回転に対し30,000回転以上、国内のホイールトラッキング検査でも63,000回転以上という数百倍の強度が確認されています。
2.止水性
型枠を組めばいかなる形状にも施工でき、地覆も同じ素材で対応可能なため止水性も万全です。
3.耐震性
360度全ての方向に対して最大100mmの伸縮量を保つので耐震性能も優れています。
4.静粛性
埋設型の特性である静粛性は、本体を常温で流込みコテ仕上げにより平坦に施工できるので従来型埋設型伸縮装置より遙かに向上しています。
5.汎用性
横目地のみならず縦目地、斜め目地にも対応可能なため、今まで埋設型が選択出来なかった箇所においても設置可能な最新・埋設型伸縮装置です。さらに最大伸縮量は100mm、最大遊間幅は130mmまで最適なタイプを選択可能です。

仕様など

PAジョイントの特長
NETIS登録番号
KK160033-A
特許
第6077304号 橋梁用伸縮継目を橋渡しする装置
実用新案登録
第3210126号 橋梁用埋設型伸縮継手構造
PA40-G30(標準図)

ヨーロッパで開発された埋設型伸縮装置。従来型特殊合材装置に比べ耐久性・伸縮性能が格段に優れています。特にヨーロッパでの耐久性検査(わだち確認)では特殊合材装置100回転に対し30,000回転、日本国内のホイールトラッキング検査でも63,000回転以上という数十倍~百倍の強度が確認されています。

このページの先頭へ戻る